ABOUT

  • icon_1
  • icon_2
  • icon_3
  • icon_4
  • icon_5

川村美紀子 Mikiko Kawamura

 1990年生まれ。16歳からダンスを始め、2011年より国内外で作品上演を重ねている。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽制作、レース編みなど多彩に展開。日本女子体育大学 舞踊学専攻卒。2013-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。2014年初演『インナーマミー』で、トヨタ コレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」及び「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクションEX 2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」受賞後、渡仏。フランス国立ダンスセンター・CCN/Rを拠点にパリ、リヨン、グルノーブル、マルセイユ、ル・アーブルにて半年間のレジデンスを行い、「地獄に咲く花 (LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER)」を発表。2019年より半島の南端に移住。

=========
主な作品に、『むく/muku』(2010-2011)、『がんばったんだね、お前の中では』(2011-2012)、『へびの心臓/Alphard』(2012)、『すてきなひとりぼっち/Fantastic One-man Ping Pong』(2012)、『euphoria』(2013/横浜ダンスコレクションEX2013 海外フェスティバル交流プログラム)、『いちごちゃん/Strawberry Girl』(2013)、『蝶と花/butterfly and flower』(2014)、『インナーマミー/Inner Mommy』(2014-2015)、『春の祭典/THE RITE OF SPRING』(2015)、『まぼろしの夜明け/Midnight Dreamers』(2015)、『白鳥の湖/SWAN LAKE』(2017)など。
近年は『或る女』(昭和29年に送付された実祖母の手紙を題材、平成29年に上演/2017)、『303号室/ROOM #303』(2018/インターネット掲示板に投稿された匿名投稿・ダンサー5名のインタビューで構成)、『12星座にささぐ』(2018/各星座生まれの人物へのインタビュー録音を元に1年間、毎月上演)、『やさしいダンス講座(仮)』(2019)ほか。

活動は国内に留まらず、ソウル国際ダンスフェスティバル:SIDance (2011)、フィンランド・ヨヨオウルダンス・フェスティバル (2013)、マルタフェスティバル・ポズナン (2013/ポズナン、ポーランド)、Perforations Festival (2013/ザグレブ、クロアチア)、ヨーロッパ・ミーツ・アジア (2013/ハノイ、ベトナム)、Dance New Air (2014/東京)、ニジュウイチビジャック! (2014/金沢21世紀美術館)、高知県立美術館 22周年開館記念 (2015/高知県立美術館)、パフォーミングアーツ・セレクション (2016/愛知県芸術劇場)、六本木アートナイト (2015)などに招聘され作品を発表。ニューヨークジャパンソサエティー:Contemporary Dance Showcase Japan + East Asia (2015/NY、アメリカ)、ÉDIFICE WILDER – Espace danse (2017/モントリオール、カナダ)、DAO XUAN CHIN International Festival (2019/Dao Anh Khanh主催/ベトナム) に出演するなど、活動の幅を広げている。

コンテンポラリーダンス界の新鋭として、ダンスがみたい!新人シリーズ10 新人賞、オン★ステージ新聞 2012年新人ベスト1振付家、第1回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞、HARAJUKU+PERFORMANCE+ DOMMUNE賞(2012)、第7回日本ダンスフォーラム賞、第45回 (2013年度)舞踊批評家協会賞など、新人賞を総なめに。2013年秋には青山円形劇場にて、Tokyo Dance Today#9 森下真樹×束芋「錆からでた実」に出演。笠井瑞丈・上村なおか『事実上の夫婦喧嘩(仮)』(2018) への振付、『舞禅』(2019) 画家:鉄秀・絵師:東學と共演。フィンランド人ダンサーとのデュオ『euphoria』の上演 (2013/フィンランド・ヨヨオウルダンスセンター 横浜ダンスコレクション海外フェスティバル交流プログラム)、ルーマニア・日本:コンテンポラリーダンスプラットフォーム「Eastern Connection」(2013/ルーマニアGabriel Tudor財団主催)、音楽家:Alen and Nenad Sinkauz、マルチメディア・インスタレーション:Ivan Marušić-Klifとの共同制作『ENCOUNTER』(2013-2014/クロアチア芸術団体Domino Perforacije Festival)、T.H.E Second Dance Companyダンサーへの振付『GEAR』(2015/シンガポール)など、海外コラボレーションも行う。

 

 
Mikiko Kawamura

Born in 1990, Mikiko Kawamura began practicing street dance at the age of 16. She graduated from Japan Women’s College of Physical Education with a major in dance, and has started creating her piece professionally since 2011. Once described as a dance enfant terrible who have fallen to Earth from a faraway planet, Kawamura works widely, not only in theaters but also for outdoor live events, music sessions, musical storytelling, video, music composition, and lace-making. She is a fiscal 2013-16 Junior Fellow of the Saison Foundation.

After premiering her solo work “Alphard” at the Yokohama
Dance collection EX 2012, it was shown at Dance Triennale Tokyo 2012, Japan; Malta Festival Poznan 2013, Poland; Perforations Festival 2013 in Zagreb, Croatia; Europe Meets Asia in Contemporary Dance Festival 2013 in Hanoi, Vietnam; 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa, Japan; Contemporary Dance Showcase: Japan + East Asia 2015 at Japan Society, NY, U.S.A.

She has also performed her work at Seoul International Dance Festival (SIDance) 2011 in Korea and JoJo-Oulu Dance Festival 2013 in Finland. As an artist in residence in Romania and worked in collaboration with artists from Finland and Croatia.

By her group piece “Inner Mommy”, she received the Next Generation Choreographer Award and the Audience Award at the Toyota Choreography Award in 2014, and she won Jury Prize and The French Embassy Prize for Young Choreographer at Yokohama Dance Collection EX 2015.

Her work on a show starts with a vision, with a group of images, which she then consistently transforms into a stage reality. She works in a comprehensive manner being the author of music, lights and visual setting. Kawamura combines multitasking and testing of ever new activities with accurate planning of her own choreography. She describes her dance as an attempt to express parallel worlds – the constellations of never used alternatives, which often go unnoticed.

 

受賞歴

2015 横浜ダンスコレクションEX2015 若手振付家のための在日フランス大使館賞・審査員賞
2014 トヨタコレオグラフィーアワード2014 “Nextage” 次代を担う振付家賞・オーディエンス賞
2013 第45回 舞踊批評家協会 新人賞
2013 第7回 日本ダンスフォーラム(Jadafo) 新人賞
2013 一般財団法人六行会 Nextream21 in RIKKOUKAI2013 一般部門 優秀賞
2013 エルスール財団 コンテンポラリー・ダンス部門 新人賞
2012 HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE DOMMUNE賞
2012 オン★ステージ新聞 2012年新人ベスト1振付家
2012 東京都美術館 ZEN展 パフォーマンス部門 優秀賞
2012 ダンスがみたい!新人シリーズ10 新人賞
2011 横浜ダンスコレクションEX2011 コンペティションⅡ新人振付家部門 最優秀新人賞
2010 第1回 座・高円寺ダンスアワード 受賞
2010 ART.M アーティスティックムーブメント・イン・トヤマ 富山県知事賞
2009 2nd-pastime @VUENOS 優勝
2009 ちとからパフォーマンスカーニバル 優勝
2009 SEASONS vol.1 @目黒食堂 優勝
2009 雷蛇杯 特別賞

AWARDS

2015 Jury Prize and The French Embassy Prize for Young Choreographer at the Yokohama Dance Collection EX 2015
2014 Next Generation Choreographer Award and Audience Award at the Toyota Choreography Award 2014 Nextage
2013 New Artist Award Dance Critics Society of Japan
2013 Japan Dance Forum (JaDaFo) Dance Award
2013 Outstanding Performance Award at the Nextream21 in RIKKOUKAI 2013
2012 New Face Award of Contemporary Dance section from Elsur Fondation
2012 HARAJUKU+PERFORMANCE+ DOMMUNE Award
2012 Best Rookie Award 2012 from the On Stage Newspaper
2012 Outstanding Award of performance section at the ZEN Exhibition at Tokyo Metropolitan Art Museum
2012 New Artist Prize at the Dance ga Mitai! (New Figure Dance Festival) vol. 10
2011 Outstanding New Artist Prize at the Yokohama Dance Collection EX 2011
2010 Za-Koenji Dance Award
2010 Toyama Prefecture Governor Award at the Artistic Movement in Toyama

===========================

Overseas – 海外公演

<2019>
ベトナム, ホアビン
23 Mar.
DAO XUAN CHIN International Festival (Đáo Xuân Festival)
@Gam Troi Valley, Hoa Binh VIETNAM
(Gầm Trời Valley, Hòa Bình Việt Nam)
HIKOMIKIKO
https://daoxuanfestival.com/en/live-performances/

<2018>
韓国, 仁川
15-17 Jun.
2018 the 27th INCHEON DANCE FESTIVAL
@Bupyeong Art Center, Dal-Nu-Ri Theater (부평아트센터 달누리극장)
Mikiko Kawamura “No Title”

<2017>
カナダ, モントリオール
18-21 Oct.
ÉDIFICE WILDER – Espace danse
JAPANESE NEW DANSE
@AGORA DE LA DANSE, Montreal CANADA
Mikiko Kawamura “Alphard”

フランス, パリ
23-24 Jun.
TOKYO DANCE!
@Maison de la Culture du Japon à Paris, FRANCE
Mikiko Kawamura “Alphard”

<2016>
フランス, パリ
25 Jun.
Performance dansée par Mikiko Kawamura
@Maison du Japon Cité Internationale Universitaire de Paris, FRANCE
Mikiko Kawamura “LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER”

フランス, リヨン
16-18 Jun.
LE FESTIVAL DE TOUS LES HÉROS (Festival of HEROs)
@Les Subsistances, Paris FRANCE
Mikiko Kawamura “DISCOTIC”
https://www.les-subs.com/archives/evenement/mikiko-kawamura/index.html

フランス, リリュー=ラ=パプ
11 Jun.
COCOTTE 2016
@Centre Chorégraphique National de Rillieux-la-Pape
(National Choreographic Center of Rillieux-la-Pape)
Mikiko Kawamura “LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER”

フランス, マルセイユ
19 Apr.
Danse d’ailleurs : Japon
@KLAP House of dance in Marseille, FRANCE (KLAP Maison pour la danse à Marseille)
Mikiko Kawamura “LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER”
http://www.kelemenis.fr/fr/les-spectacles/209/flower-blooms-in-hell

フランス, リリュー=ラ=パプ
4 Feb.
MIKIKO KAWAMURA – CRÉATION 2016
@Centre Chorégraphique National de Rillieux-la-Pape
(National Choreographic Center of Rillieux-la-Pape)

<2015>
シンガポール
8-9 Dec.
Contact Contemporary Dance Festival 2015
Asian Festivals Exchange – AFX
@Esplanade Theatre, SINGAPORE
Mikiko Kawamura “GEAR”
Dancer: T.H.E. Second Company
http://the-contact.org/2015/

アメリカ, ニューヨーク
9-10 Jan.
16th Contemporary Dance Showcase: Japan + East Asia
@Japan Society, NY AMERICA
Mikiko Kawamura “Alphard”

<2014>
クロアチア, ザグレブ
14-25 Jan. / 17-30 Jun.
CROATIA × JAPAN Creation Program “ENCOUNTER”
Sound: Alen Sinkauz, Nenad Sinkauz
Dance: Mikiko Kawamura
Video: Ivan Marusic Klif

<2013>
ベトナム, ハノイ
26-27 Sep.
Europe meets Asia in Contenporary Dance 2013
(Châu Âu gặp châu Á trong múa đương đại)
@Youth Theater, Hanoi VIETNAM (Nhà hát tuổi trẻ Việt Nam)
Mikiko Kawamura “Alphard”

クロアチア, ザグレブ
20 Sep.
Perforations Festibal (Perforacije.)
@Zagreb Dance Center, CROATIA (Zagrebački plesni centar)
Mikiko Kawamura “Alphard”
Work in Progress “ENCOUNTER”
Sound: Alen Sinkauz, Nenad Sinkauz
Dancer: Mikiko Kawamura

ルーマニア, ブカレスト
25 Aug. – 18 Sep.
Residency Program “Eastern Connection”
@ZonaD Studio, Bucharest RUMANIA
(platformă de dans și artă contemporană ZonaD)

ポーランド, ポズナン
25-26 Jun.
MALTA FESTIVAL POZNAN (Malta Festival Poznań)
OH MAN, OH MACHINE (CZŁOWIEK-MASZYNA)
@Osmego Dnia Theatre, Poznan POLAND (Teatr Ósmego Dnia)
Mikiko Kawamura “Alphard”
http://2013.malta-festival.pl/pl/program/mikiko-kawamura-alphard

フィンランド, オウル
23-24 Jan.
Night of 2 choreographies (Kahden koreografian ilta)
@Oulu City Theater, FINLAND (Oulun kaupunginteatteri)
Mikiko Kawamura “euphoria”
Dancer: Antti Seppänen, Mikiko Kawamura

<2011>
韓国, ソウル / 釜山
7-11 Oct.
Seoul International Dance Festival :SIDance (서울세계무용축제)
Young Winners’ Night (젊은 수상자들의 밤)
@Seoul Mary Hall / Busan Theater, KOREA
Mikiko Kawamura “muku”

韓国, ソウル
20-21 May.
K-arts Annual Dance Performance 2011
@Korea National University of Arts School of Dance (한국예술종합학교)
Mikiko Kawamura “muku”