works2019


あいちトリエンナーレ2019 情の時代
Q「バッコスの信女−ホルスタインの雌」“The Bacchae−Holstein Milk Cows”
2019.10.11 (金) – 14(月・祝)


世界初演「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」プログラム作品

市原佐都子主宰 (Q) / バッコスの信女−ホルスタインの雌
ICHIHARA Satoko’s (Q) / “The Bacchae−Holstein Milk Cows”


©hagie K

独自の言語センスと身体感覚で捉える劇作・演出家、市原佐都子。今回新たに創作される作品は、ギリシャ悲劇『バッコスの信女』(エウリピデス作)のテーマや構造を大胆に翻訳。
一見普通の主婦、人工授精で生まれたウシと人間のハーフ、雌のホルスタインの霊魂たちによる合唱隊(コロス)。彼らが奏でるドラマは、ヒトと動物の境を揺さぶり、私たちの秘めた欲望を触覚的に刺激する。

日時:
10月11日(金)19:00
10月12日(土)19:00
10月13日(日)19:00
10月14日(月・祝)14:00

作・演出:市原佐都子
出演:川村美紀子、中川絢音(水中めがね∞)、永山由里恵(青年団)、兵藤公美(青年団)

Eri Liao、オミユキ、勝田智子、小口舞馨、塩澤嘉奈子、中西星羅、
はぎわら水雨子、藤本しの、三島早稀、村上京央子、渡邉智美、渡邊悠視

会場:愛知県芸術劇場小ホール(愛知県名古屋市東区東桜1-13-2)

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp

言語:日本語(英語字幕)

チケット取り扱い:一般 3,000円
          U25 2,500円
当日券はそれぞれ+500円[全席自由]

★愛知芸術文化センター プレイガイド★
TEL: 052-972-0430

★チケットぴあ★
TEL: 0570-02-9999
WEB: チケットぴあ WEB購入

★アイ・チケット★
TEL: 0570-00-5310
WEB: アイ・チケット WEB購入

◎託児サービス
■対象公演:10月14日(日)14:00開演

◆問い合わせ・申し込み
託児サービス|あいちトリエンナーレ2019
(1)~7月31日(水)TEL:03-6431-9794(受付時間:平日9時~18時)
(2)8月1日(木)~10月14日(月祝)託児所直通:080-3574-3608 (受付時間:13時~17時)

STAFF
音楽:額田大志(東京塩麹/ヌトミック)
舞台美術:中村友美
照明:魚森理恵(kehaiworks)
音響:稲荷森健
映像:浦島啓
ミックス:染野 拓
字幕翻訳:Aya Ogawa
舞台監督:櫻井健太郎
宣伝デザイン:平松るい
イラスト:萩原慶
ドラマトゥルク:野村政之
制作:山里真紀子
主催:あいちトリエンナーレ実行委員会
製作:あいちトリエンナーレ2019、Q
国際共同製作:テアター・デア・ヴェルト2020(世界演劇祭)
制作協力:城崎国際アートセンター(豊岡市)
助成:公益財団法人セゾン文化財団

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Artist:ICHIHARA Satoko (Q)
Title:The Bacchae−Holsteon Milk Cows
※New Creation / World Premiere

Ichihara Satoko writes and directs plays that deal with human behavior, the physiology of the body, and the unease surrounding these themes, using her unique sense of language and physical sensitivity. Her new work for Aichi Triennale 2019 is a fantasy that liberally interprets the themes and structure from the Greek tragedy The Bacchae (Euripides).

A seemingly ordinary housewife, her female pet dog, and a cow-human cross-breed born through artificial insemination, and a chorus of the souls of 12 female Holstein cows—the drama they act out blurs the boundary between people and animals, and stimulates our hidden desires in a tactile fashion. Here, the patriarchal, anthropocentric narrative of sexuality and reproductive behavior, and their associated ethics and morals are radically called into question.
Nukata Masashi, of Tokyo Shiokouji and Nuthmique, will be responsible for music, and contemporary artist Okada Hiroko for set design. This piece has also been chosen for an official invitation to the World Theater Festival (held every three years) in Germany in 2020. The world is paying attention to the unusual musical theater produced by these modern Dionysian artists.

Dates
Fri, Oct 11, 19:00
Sat, Oct 12, 19:00
Sun, Oct 13, 19:00
Mon, Oct 14, 14:00

Artist
ICHIHARA Satoko

Act
Mikiko Kawamura, Ayane Nakagawa (suichu megane ∞),
Yurie Nagayama (SEINENDAN), Kumi Hyodo (SEINENDAN)

Duration
120 min (TBC)

Language
Japanese (with English surtitles)

Venue
Mini Theater, Aichi Prefectural Art Theater
Website

Access
3 min. on foot from Sakae station (Higashiyama line or Meijo line)

Ticket prices
Adults ¥3,000
U25 ¥2,500

Ticket Information
Ticket price:Adults/¥3,000  U25/¥2,500
Buy Ticket(Peatix)


Note
No children under school age are permitted.
Childcare Services
Available for Mon, Oct 14, 14:00
Childcare Services|Aichi Triennale 2019

International Co-production
Theater der Welt 2020

Support
The Saison Foundation
Production Co-operation
Kinosaki International Arts Center (Toyooka city)

▶︎All shows will be open seating, with order of entry determined by ticket number.
▶︎U25 (for ages 25 and under) tickets will be available on the day of the show. Ticket holders must present their ID at the entrance.
▶︎Door tickets for adults and U25 cost an additional ¥500.
▶︎Information on door tickets will be announced on our website at a later date.

*Children below school age are not permitted.
*Childcare services will be available for all programs. Details will be announced at a later date.
*For wheelchair reservations please call our office at +81-52-971-6127.
*Performers and performances are subject to change without notice.

横浜音祭り 2019
2019.9.29 (日)

■神奈川フィルハーモニー管弦楽団(オーケストラ)× 川村美紀子(ダンサー)
日程:9/29(日)13:00〜 / 15:00〜
会場:ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア
内容:フルオーケストラとコンテンポラリーダンスのコラボステージに注目。

チラシ(PDF)ダウンロード

DANCE TRUCK TOKYO
2019.09.05(木)

『 輸送トラックの荷台を舞台とした移動型のダンスプロジェクト 』

DANCE TRUCK TOKYOは、全日本ダンストラック協会が企画・制作し、「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」採択事業として、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するプロジェクトです。2019年秋から一年を通じて東京都区部・多摩地区・島しょの15ヵ所で開催。キュレーターは、日本のコンテンポラリーダンスを牽引する東野祥子・白井剛・鈴木ユキオが務め、多分野の先鋭的なアーティストが多数参加します。

2019年は5ヵ所(新宿・足立・狛江・渋谷・府中)の街中に、太陽光発電システムと蓄電池を搭載したトラックが出現。荷台の極小空間を、〈身体/光/音〉が一体となったパフォーマンス装置に変容させ、周りの環境とも呼応しながら、見慣れた都市の日常風景を一変させます。東京の多様な景観をも取り込んだ、サイトスペシフィックなパフォーマンスです。
==========

<新宿公演>
浄水場跡地に1968年に造られた公園にて、新宿副都心の超高層ビル群を借景に公演。

出演:
ANTIBODIES Collective、川村美紀子、白井剛/森川祐護(Polygon Head)、
新人Hソケリッサ!、鈴木ユキオ、ZVIZMO(伊東篤宏×テンテンコ)

日時:2019年9月5日(木)18:30~20:30
会場:新宿中央公園/水の広場 >> Google Map
住所:東京都新宿区西新宿2-11

アクセス:都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩1分
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」から徒歩約5分
JR・小田急線・京王線「新宿駅」から徒歩約10分


【 入場案内 】
▶ 入場無料(事前予約不要)
▶ スタンディングとなります。
▶ 会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
▶ 出演順は、当日webでご案内します。
▶ 雨天決行。荒天の場合には中止の可能性があります。開催可否は、NEWSをご参照ください。

照明:藤本隆行
音響:WHITELIGHT
映像:斉藤洋平
美術監修:OLEO
舞台監督:木村孔三

協力:新宿区、新宿中央公園パークアップ共同体、一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会

CREDIT
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画・制作:全日本ダンストラック協会
共同制作:NPO法人Offsite Dance Project
照明協力:カラーキネティクス・ジャパン株式会社
制作協力:一般社団法人もんてん、有限会社Green Room
協力:環境・災害NPO法人グリーンパワーファクトリー、マルシェパワー横浜株式会社

PROJECT MEMBERS
プロデューサー:岡崎松恵
キュレーター:東野祥子、鈴木ユキオ、白井剛
テクニカル・ディレクター&照明:
藤本隆行(Kinsei R&D)
舞台監督:ラング・クレイグヒル、木村孔三
照明:筆谷亮也、久津美太地
音響:WHITELIGHT
映像:斉藤洋平
美術監修:OLEO
制作アシスタント:安次嶺菜緒、西田杏奈
広報:友川綾子(office ayatsumugi)
アートディレクション&デザイン:
太田博久(golzopocci)
ウェブデザイン:加藤和也
映像ドキュメンテーション監修:藤井光
翻訳:齋藤梨津子
協力:新宿区、新宿中央公園パークアップ共同体、
一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会

ダンスがみたい!21 サムルノリ「三道農楽カラク」を踊る。
2019.7.21 (日)

ダンスがみたい!21 サムルノリ「山道農楽カラク」を踊る。
=============================================

1978年、韓国における民俗芸能の伝統を「創造的に継承」するため、
その音楽を現代的に創り直すことで立ち上げられた演奏形式/集団「サムルノリ」。
当企画において課題曲となる「三道農楽カラク(サムドノンアクカラク)」は、
その初期レパートリーを再構成した代表的作品。

歴史にどのように対峙して現代を生きるのか、
この楽曲に11組のダンサー/振付家がそれぞれの解釈・切り口で挑戦。
姉妹企画のコンペ「新人シリーズ17」の受賞2作品再演がこれに加わり、
期間中全13作品を上演。

使用楽曲:『三道農楽カラク』
(「キム・ドクス サムルノリ」 収録)

=============================================

     2019年 7月17日 (水)~7月30日 (火)
     会場 d-倉庫
     開演 7:30 PM
     ※7月28日は3:00開演
     ※受付開始は開演60分前、客席開場は30分前
     ※ご予約のお客様でも開演時間に遅れますとお席へのご案内が出来ない場合がございます。

          7月17日 (水) Von・noズ/茎
          7月18日 (木) 山田せつ子
          7月19日 (金) 岩渕貞太
         🌱 7月21日 (日) 川村美紀子 🌱
          7月22日 (月) 笠井瑞丈×上村なおか
          7月23日 (火) 水中めがね∞
          7月24日 (水) 今枝星菜
          7月26日 (金) Jung In Lee/梁鐘譽 ※ダブルビル公演
          7月27日 (土)、7月28日 (日)
           ケイタケイ’s ムービングアース・オリエントスフィア
          7月29日 (月) 柴田恵美
          7月30日 (火) 岩名雅記

          ※17日は「新人シリーズ17」の受賞作品再演。
          「三道農楽カラク」の上演ではありません

     【会場】d-倉庫
     東京都荒川区東日暮里6-19-7
     日暮里駅南口より徒歩7分 ≫ Access

     【料金】
     前 売:3,000円 ― 学生2,500円   
     当 日:3,500円 ― 学生3,000円  
     3回券:8,000円 ― 学生6,500円
     通し券:15,000円 ― 学生11,000円
     ★学生は要学生証  
     ★通し券はd-倉庫のみで販売

     【チケット予約】
     info.kawamuramikiko@gmail.com(川村美紀子 制作:佐藤)
     d-soko@d-1986.com(d-倉庫)
     TEL. 03(5811)5399 (d-倉庫:月曜定休18:00~23:00)
 
     「ダンスがみたい!21」公式:http://www.d-1986.com/d21/
     川村美紀子 WEBサイト:http://kawamuramikiko.com

     【チケット取扱い】
     下記アドレスから予約後(要登録・無料)
     セブンイレブンですぐ発券
     カンフェティチケットサービス

=============================================

Facebook イベントページにて、山奥生活ブログを更新中!

=============================================

     ◎主催:「ダンスがみたい!」実行委員会
     ◎共催:d-倉庫
     ◎協力:金徳洙、金利惠、韓ヨルム
     ◎助成:芸術文化振興基金

     ◎スタッフ
     舞台監督:久保田智也、田中新一(東京メザマシ団)
     音響:相川貴、佐々木敦
     照明:久津美太地、三枝淳、金原知輝
     運営協力:WORKOM、die pratze、OM-2、磯部豊子、相良ゆみ、
     高松章子、ふくおかかつひこ、吉村二郎、楽園王、金原知輝
     記録:Vitek、船橋貞信
     宣伝美術:林慶一
     監修:真壁茂夫
     制作:林慶一、川村和央、村岡尚子

FOuR DANCERS vol.138
2019.07.12(金)

★Nishi Junnosuke × Dancer 映像出演

FOuR DANCERS vol.138
7/12 (fri)
19:00 〜22:30
@京都 UrBANGUILD

木村英一 + 田嶋真佐雄(contrabass)
ケンジルビエン + 関口大和
Showtarrow
Nishi Junnosuke × Dancer

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.1900 yen + 1drink / door.2300 yen + 1drink
◇ dancer. 1400yen + 1drink

ストレンジシード静岡2019
2019.05.05 (日・祝) – 06(月・祝)

静岡の街が劇場になる。
いつもの街を劇場に変える、演劇とダンスなどが街にあふれ出る
パフォーミングアーツの祭典です。
日本各地から気鋭のアーティストたちが静岡に一堂に集結し、
ここでしか観ることのできないパフォーマンスを繰り広げます。
驚きも、笑いも、感動も、オープンエアーな環境だからこそ得られる体験を提供します。

What’s STRANGE SEED SHIZUOKA
The streets and the corners of downtown Shizuoka becomes a theatre.
STRANGE SEED SHIZUOKA is a performing arts festival that transforms the mundane cityscape into an outdoor venue.
Spirited performers from all over Japan gather in Shizuoka to present their performances for your excitement, wonder and laughter. You will have one-of-a-kind experience that can only be made possible by such an open-air environment.

【出演予定アーティスト】
《海外》
Magik Fabrik / HURyCAN

《国内》
ままごと × 康本雅子 / 梅棒 / 黒田育世(BATIK) / 範宙遊泳
ロロ / 山田うん / FUKAIPRODUCE羽衣 / ホナガヨウコ企画
KPR/開幕ペナントレース / 川村美紀子 × 米澤一平
いいむろなおきと静岡ストレンジシーズ / 壱劇屋 / オイスターズ
劇団こふく劇場 / ブルーエゴナク / カゲヤマ気象台
劇団 短距離男道ミサイル / 渡邉尚(頭と口) / 突劇金魚
Mt.Fuji / 劇団「Z・A」 / TEAM 劇街ジャンクション
超歌劇団 / 富士フルモールド劇場 / and more…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川村美紀子 × 米澤一平
Mikiko Kawamura × Ippei Yonezawa

『爆音!札の辻!!!』
江戸時代、幕府の新しいお触れを発信してきた聖地 ~札の辻~。そこは東海道から駿府城下町へと続く、にぎわいへの入口です。この地から新時代の幕開けを祝し、札に掲げられる様々なお題に川村美紀子・米澤一平が立ち向かいます。爆音御免!ぜひお見逃しなく!

会場
十字路ステージ

日程
5月5日(日)16:00     
5月6日(月)13:00 / 16:00
予約不要・参加無料

http://www.strangeseed.info/artist_10.html

川村美紀子
1990年生まれ。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、国内外の劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽制作、レース編みなど多彩に展開。
川村美紀子 WEBSITE

米澤一平
タップダンサー。熊谷和徳氏に師事、Kaz Tap Company所属。黒人奴隷の歴史をルーツとし米国から発祥されたオリジナルの『TAPDANCE』のカルチャーを学びながら、音楽、歌、ダンス、コミュニケーション、感情表現、“TAPする行為”から生まれる様々な対話の可能性を探ってる。
米澤一平 WEBSITE

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プログラムディレクター:ウォーリー木下
運営・制作:佐和ぐりこ、若林康人、高橋ゆうき、渡辺亮史、蔭山ひさ枝、甲賀雅章、菅井一輝
広報:森隆一郎
アートディレクター:山口良太
イラスト:しりあがり寿
コンセプト:甲賀雅章

主催:静岡市
共催:SPAC-静岡県舞台芸術センター

酔狂即狂 番外編 Vol.2
2019.04.22 (月)

酔狂即狂 番外編 Vol.2

4月22日(月)
開場 19:30
開演 20:00

SXQ~
松本健一
立花秀輝
藤原大輔
吉田隆一

DANCE
細川麻実子
西山友貴
川村美紀子

¥2000(ドリンク代別途)
@入谷 なってるハウス
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/
台東区松が谷4-1-8
(TEL:03-3847-2113)

企画:松本健一、櫻井一也

POP LIFE Vol.3
2019.04.19 (金)

POP LIFE Vol.3
4月19日(金)

19:30 開場
20:00 開演

川村美紀子(Vo)+加藤チャーリー千晴(Pno)
メグ・ロマーネ
charge 1200円

加藤チャーリー千晴がお送りする今年最初の企画はPOP LIFEからスタート!
出演は最近ジャングルに移住したと言う話題のダンサー、川村美紀子と
加藤チャーリー千晴との歌物のユニットを一年振りに再開します。
対するは歌舞伎町ゴールデンエッグ等でお馴染みの妖艶な女王様、メグ・ロマーネ!
毎回趣向を凝らしているメグ・ロマーネが初登場である七針で何を起こすのだろうか?
こうご期待!

@八丁堀・七針
東京都中央区新川2-7-1
オリエンタルビル地下1階
ftftftf.com

米澤一平・川村美紀子「過ごし、暮らし」
2019.04.14(日)

米澤一平・川村美紀子
「過ごし、暮らし」

4/14(日)
OPEN |19:00
START|19:30

出演:米澤一平・川村美紀子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夜中何度も起きてしまうのは、身体と意識がまだこの新しい環境に慣れていない証拠。
8年前、NYでの生活は、黒人家族邸でのホームステイからはじまった。
渡米後すぐに交通機関が機能しないほどの大雪が毎日続き、
伝統的なジャマイカ料理や味が濃くて甘くてスパイシーな家庭料理が振る舞われ、
就寝後も毎晩きっちり一時間毎に目が覚めてしまい、なかなか朝がやって来なかった。
勉強や活動どころではなく、生活環境そのものに慣れていくのに必死だったが、
少しずつステイ先の家族との暮らしや街を楽しめるようになってくる過程には、
これまでにない新しい世界に触れている感覚、豊かさがある。
まさか現在祖国日本でも軽い睡眠障害を起こしているが、
それすらも豊かさの知る醍醐味として、
新たな生活の過ごし、暮らしを、楽しみたい。

米澤一平

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝、6時に起きる。鳥たちのオーケストラを聴く。太陽を浴びて、洗濯物を干す。
パンを焼き、そういえば読みかけだった本をひらく。午後、近所のおばあちゃんと
お茶をする。あまいキャベツと、12キロの石で漬けたタクアンをごちそうになる。
畑を耕して、肥料をやる。鍬はとても重いけれど、ザクッと刺すと心地よい。
ここにはゴボウを植える予定だ。山には動物がたくさんいる。
たまねぎを収穫しようとしたら、サルの家族がやってきて取られてしまったんだ。
大根・かぶ・白菜と、たくわえの冬が明けてゆく。もうすぐ春がやってくる。
地元の人々の知恵をかりて、せっせと夕飯をつくる。
洗濯物を取り込んで、お風呂に入る。
友人と電話をして、うとうと眠くなってきた。
また明日がやってくる。

川村美紀子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<チケット予約>
¥2000 / 1drink
メール:ichi.yone.tap@gmail.com
TEL:03-3351-7904(喫茶茶会記)

<会場>
@総合芸術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
http://gekkasha.modalbeats.com

facebook イベントぺージ:https://www.facebook.com/events/2104504742974107/
茶会記 WEBサイト:http://gekkasha.jugem.jp/?eid=956148


イベントレポート(PDF):http://kawamuramikiko.com/portfolio/wp-content/uploads/sugoshi-kurashi.pdf

• • •

DAO XUAN CHIN International Festival
2019.03.23

Dao Xuan Chin International Arts Festival is an eclectic 24 hour arts festival on March 23rd, 2019 in Gamtroi Valley, Hoa Binh, Vietnam.The event is hosted by Vietnam’s own contemporary artist Dao Anh Khanh. The festival will showcase live performance art, installation art, music, dance, poetry and more. Dao Xuan Chin is to be the inauguration of the Gamtroi valley. Gamtroi Valley will become an open artist retreat where artists can focus on their art in the splendor of nature.
Since 2010 Dao Anh Khanh has been organizing an annual performance festival and 2019 will count his 9th edition. Khanh envisions connecting the wider community by bringing everyone together and celebrating love, nature and art.
Khanh made a vow in his younger years to always make people’s experience of art free of charge, and that is something he wants to pursue with his Dao Xuan festivals and thus Dao Xuan Chin will be free of tickets as well.
No tickets, just love, nature and art!
http://gamtroivalley.com

Saturday – 23.03.2019
The Conquer [stage 1] @ 14:45

LINE UP
live-performances: https://daoxuanfestival.com/en/live-performances/
installation-visualart: https://daoxuanfestival.com/en/installation-visual/

LIVE PERFORMANCES
Zamina / Scobi Wan / LinhHafornow / Lark-Minkous / Sircula / Patrick S / Sacre / Kivi / Ira / Splooj! / Just:Because / Xabanga / Dane / Friend / Thee Jay / Numbfoot / Derkalavier / Quartz / Trinity / Tri Minh / Sparky Quano / Rune Abro / Ayo / Sirens of Halong / Vu Nhat Tan / Mukang Fields / à fleur 2 skin / Akiko Nakayama / Alistair Hobson / AURA PLAZA / Biology of the Future / Black Zenith / Burning Deck / CAVEMAN / C-drík aka Kirdec / Concierto de la Familia / Cosimia / Cút Lộn / Daniel Maszkowicz – Cosmic Sleep / Daniel Maszkowicz – Cosmos / Darklaw / Das Fluff / DEATH MANAGEMENT PLAN / Dee / DENTAKU + Jitta / Diaphragmatic / DJ AntiqSun / DJ Urine / Dümbük Korkuluk / e:ch feat. JinniL / Emcee K / Empathogen / EXE / fallopian disco force / Faslane / Flagio / F L F / Friday Flowers / Frog.w / Game of Patience / GHZ / Giorgia-May / GO underbar / Gürkan Baltacilar & Tadashi Kumihara / Gürkan Baltacilar & Tadashi Kumihara / Hanoing Jazz Band / HIKOMIKIKO / hotaru / HUH x Naoki Nomoto x Tzu Ni / jailbird Y / JDOW / Jeanne Dark / Jin Sangtae / Joee & I / Joonyong Choi / Junya Hirano / Kaarnaak / Katsura Yamauchi (aka Salmosax) / Kazehito Seki / Kenjiru Bien [dance performances] / Kurumi Kadoya / La Belle et la Bête / L A k E S / Les Belles Noiseuses / Laurent Lettrée / Lilianna Pedroni / Limited Liability Sounds [LLS] / LLAMA / OLO LLAMA / OLO LOCHOI / Loose Truth / Luke Morse / LZ129 / MAMMOTH / Matty C / meg0 / Milu / Miss Harley Quinn / Monoheart / Made Dharma / NEKROM / Nerve / Ngũ Cung / Nguyễn Hồng Giang / Nobuhiro Okahashi / Octopoulpe / On Ni / OPERA / Pas Musique / P.R.C.M. / PURPURA /Raggy /Rastko / Ravi Shardja / RAW / Red Eyed Rabbit / Roughimage 粗糙影像 / Rudolf Eb.er / SalaS Quintet / Sean Baxter / SheS / Shizuo Uchida / Sin:Ned / spaceship airguitars / Stanford Reid / STO / Suisougaku (a.k.a. MIZONO) / SW1n – HUNTER / tak / Takumi Kadode / Teenage Granny / Tengal / Tesla Manaf / The TransPlanted / Tiny Giant / tiny weapons / The Volunteers / Torsion / Total Regal / TOVA / tsvety zla / Tzii [DJ set] / Tzii [Live] / URANOMOYAN x Ryoko Matsuoka / Urban Orangutan / VICEVERSA / William Nurdin “RIR1009” / Yousuke Fuyama / Yukie Sato / Yuko Araki / Yuri Urano / 盆と正月 / 外外 / 10000v

INSTALLATION & VISUAL ART
Carte blanche to Julien Bodivit / Charlotte Aebischer / Clément Martin / Haro Matsuda / Koiwa Camera / Naomi Seki / Raphaël Vigneron / Thibault Walter
• • •

禅問答ライブペイント「舞禅」
2019.02.16 (土)

期間 2019/02/14 (木) ~ 2019/02/17 (日)
劇場 下北沢 ザ・スズナリ

出演
[舞描] 鉄秀 
[音師] 建一郎
[絵師] 東學 

[舞]
2月14日(木) 19:00 川口隆夫 
2月15日(金) 19:00 向雲太郎 
2月16日(土) 13:00 川村美紀子
2月17日(日) 13:00 空    

【発売日】2018/11/02
一般前売 3000円/当日 3500円
学生前売 2000円 ※当日 要証明書提示

4日間通し券 10000円(ハイウッドのみ取扱い)
1〜3日目公演チケット1枚+4日目公演チケット
5000円(ハイウッドのみ取扱い)

お問合せ
ハイウッド TEL03-3320-7217(平日11:00~18:00)/メール info@hiwood.jp

その他、第29回下北沢演劇祭ザ・スズナリ参加3団体
(劇団態変・禅問答ライブペイント・OM-2)通し券(7000円)がございます。 
※3団体(各1回観劇可)の通し券で個別に購入するより3000円お得です。


【注意事項】
・3団体通し券枚数に制限があります。
・購入時に3団体すべての観劇日時を指定していただきます。
・購入者の都合による払い戻しはいたしません。

下北沢演劇祭 ザ・スズナリ参加3団体通し券をご希望の方は
プレイガイド情報に掲載の『下北沢演劇祭 ザ・スズナリ参加3団体通し券』の欄からご購入ください。
サイト
http://r.goope.jp/the-suzunari

※開場は開演30分前。受付開始は開演1時間前
※未就学児の入場不可

スタッフ
舞台監督:松原東洋
照明:藤本隆行
音響:田鹿充
宣伝美術:東學
衣装:富永美夏
制作:一般社団法人ハイウッド
主催:鉄秀

座・高円寺ダンスアワード
2019.01.13 (日)

座・高円寺ダンスアワード
アーティスティック・ディレクター:竹屋啓子

公演期間 2019年01月13日(日)
会場 座・高円寺1
開演 16:00〜

今年、9回目を迎える座・高円寺ダンスアワード。
プロの舞台関係者のアドヴァイスを受けて、学生たちが自らの作品の再創造に挑みます。

10周年。新たなステップに向けて
2011年より開催している「座・高円寺ダンスアワード」は、
毎年富山で開催されている「アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ(ART.M):少人数による創作ダンスコンクール」の参加作品より5作品を選び、再創造して、座・高円寺で上演をする企画です。
3日間に及ぶ期間中、アーティスティック・ディレクターや劇場の照明、音響、舞台の専門スタッフからの直接アドヴァイス、また志を同じくする仲間たちからの作品に対する声を受け止めながら、再び自分の作品に向かい合い、自らの創造性を深めて発展させていきます。
当初より韓国の国立芸術大学であるKorea National University of Artsとの
交流プログラムを続けてきましたが、
今年は、こうした経験を経て、舞踊家として羽ばたき始めている、
日韓の若手ダンサーを迎え、それぞれの作品もご覧いただきます。

【上演作品】 ※五十音順

『カブり』大阪体育大学
畑 光紀、古薮直樹、藤原 花

『<モザイク>』埼玉大学
葛西澪生、高柳寛子、稲垣 諒

『狼狽』至学館大学
岡田玲奈、黒田 勇

『まみむめも』大東文化大学
江口力斗、沼田駿也

『訝しげ』新潟医療福祉大学
茂木孝介、菊池 綾、中林みなみ、斎藤汐音、箱岩 輝

【特別ゲスト公演】
『やさしいダンス講座(仮)』 川村美紀子(第1回参加)

『breathing hole 』GOBlIN PARTY(Kyunggu LEE/第8回参加、Yeonjoo LEE)

・・・・・

チケット発売日 2018年12月01日(土)
チケット情報 入場料金1,000円(税込)

全席自由
「なみちけ」ご使用になれます
☆中学生以下無料(要予約)

チケット販売窓口
座・高円寺チケットボックス(月曜定休)
03-3223-7300(TEL10:00〜18:00/窓口10:00〜19:00)
座・高円寺WEBチケット
https://www.e-get.jp/za-koenji/pt/


※車椅子のままでご観劇をご希望の方のために、車椅子スペースを用意しております(定員あり/要予約)。車椅子の大きさに制限がございますので、お申込みの際にお問合わせください。■問い合わせ先:劇場チケットボックスTEL03-3223-7300
※障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り、1割引になります。

お問合せ
座・高円寺
03-3223-7500

アーティスティック・ディレクター:竹屋啓子
照明&アドヴァイザー:齋藤茂男
音響&アドヴァイザー:島 猛
技術&アドヴァイザー:岩崎顕二
舞台監督:佐藤昭子
後援:杉並区
企画・製作:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺