WORKS2015


2015.12.27

年の瀬小景ス2015

2015年12月25日(金)〜27日(日)
年の瀬小景ス2015
TOSHI-NO-SE Showcase
年の瀬のRAFT に小さな景色が集まります。各回8組、それぞれ約10分間のパフォーマンスを上演。それらのパフォーマンスは、観る人々の記憶や感情に何かしらを残していくものになるでしょう。今年一年をRAFT から見える小さな景色とともに振り返りませんか?ご来場お待ちしております。
http://raftweb.info/showcase2015.html

■12月25日(金)19時30分開演
劇団リケチカ
Comp.
佐藤達
志村知晴
すこやかクラブ
chon-muop
ドドド・モリ
820製作所

■12月26日(土)19時30分開演
かえるP
劇団リケチカ
Comp.
サカサマナコ
scscs
すこやかクラブ
chon-muop
ドドド・モリ

■12月27日(日)16時00分開演
おやつテーブル
かえるP
川村美紀子
来島友幸
サカサマナコ
佐藤幸雄
花上直人
820製作所

※表記は五十音順です。当日出演順未定

●受付・開場は開演の30分前です。
●料金(各回)予約¥2,000/当日¥2,300
●お問合せ/ご予約
(とても小さい会場です。ご予約をおすすめします)
 予約フォーム→クリック
 mail→クリック  
 tel/fax→03-3365-0307
●予約に関して
・メールでのご予約
件名を「年の瀬予約」とし、本文に下記1〜5をご明記ください
1お名前、2 観覧日時 、3 枚数、4 ご連絡先(携帯番号or固定電話)、5 出演者にお知り合いがいる場合はその氏名
※2日たってもメールの返信が無い場合は、ご予約が完了していませんのでお手数ですが再度メール、もしくはお電話にてご連絡ください。
・全席自由席です。開演時間を過ぎてご入場の場合、ご予約されていても、お席にご案内できない場合があります。余裕をもってお越しください。

●会場 RAFT(中野区中野1-4-4 1F)
    アクセス→map
●助成 中野区公益活動助成
●企画 NPO法人らふと

2015.12.8 – 9

Asian Festivals Exchange – AFX

http://the-contact.org/

A creative intersection of Asia’s most dynamic dance cultures: Singapore’s M1 CONTACT Festival, Malaysia’s d’MOTION Festival, the Yokohama and Seoul Dance Collections pair and nurture three collaborative creations between emerging choreographers.

Synopsis
Seoul Dance Collection x T.H.E Second Company
Yokohama Dance Collection x T.H.E Second Company
Yokohama Dance Collection x DPAC Dance Company

BUY TICHET

Embrace Asia’s most dynamic dance cultures as they intersect in 3 new creation residencies for AFX.

In October, T.H.E Second Company’s Goh Shou-Yi soaks in the native culture of his South Korean collaborator Kim Hwan-Hee, for a work that premieres at the prestigious Seoul Performing Arts Festival before traveling to Singapore for M1 CONTACT 2015.

Japanese artist Mikiko Kawamura brings her youthful, street dance-inflected style to this new creation commission on T.H.E Second Company. Kawamura has performed and received awards at Dance Triennale Tokyo, Seoul International Dance Festival, Malta Festival Poznan (Poland), and more recently, the prestigious Yokohama Dance Collection EX 2015 where she was awarded the Jury Prize and French Embassy Prize for Young Choreographers.

Performed by Damansara Performing Arts Centre’s (DPAC) Dance Company’s artistic director Wong Jyh Shyong, Malaysian choreographer Amy Len of Kwang Tung Dance Company creates a new work in collaboration with Japanese choreographer Naoto Katori, winner of the Sibiu International Theatre Festival Prize and Touchpoint Art Foundation Prize at Yokohama Dance Collection EX 2015.

http://www.the-dancecompany.com/

2015.11.22

トヨタ コレオグラフィーアワード 2014 受賞者公演
川村美紀子 新作ダンス「まぼろしの夜明け」
高知県立美術館 ツアー

「まぼろしの夜明け」特設サイト

平成27年度 第65回高知県芸術祭共催行事
高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2015
トヨタ コレオグラフィーアワード 2014 受賞者
川村美紀子 新作ダンス公演「まぼろしの夜明け」

2015/11/21更新
次代を担う振付家の発掘・育成を目的に設立されたトヨタ コレオグラフィーアワード 2014で「次代を担う振付家賞」と「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクション2015では「審査員賞」と「若手振付家のための在日フランス大使館賞」をダブル受賞したコンテンポラリーダンスの新鋭振付家、川村美紀子待望の高知公演。

ヒトは、どれくらい踊れるだろう?
限界まで踊ってみたい。
まばゆい光にまどわされ、鳴り止まぬビートに身をゆだね、
噴き出す汗も乾かさず、ぼんやりとした意識の中で、息がとまるほど。
もうすぐ夜が明ける。夕焼けと朝焼けの違いなんて、どうでもいいことだ。
太陽が追いつけないくらい、からっぽになるまで踊り続けたら、
その先には一体何が待ち受けているのだろう。

 ―おことわり―
新作「まぼろしの夜明け」は〝ヒトは、どれくらい踊れるだろう?”というコンセプトで創作を進めていましたが、創作過程で動きの少ない作品が出来上がりました。
当初のポスター・チラシのイメージとは異なる公演になりますので、あらかじめご了承の上、ご鑑賞ください。

振付 : 川村美紀子
出演 : 亀頭可奈恵 後藤海春 鈴木隆司 住 玲衣奈 永野沙紀 川村美紀子

<スタッフ>
照明 : しもだめぐみ
舞台監督 : 河内 崇
音響プラン : 堤田祐史 (WHITELIGHT)
音響オペレート : 市村隼人

公演詳細
日時 : 2015年11月22日(日) 開場13:30 開演14:00
会場 : 高知県立美術館ホール 舞台上舞台・オールスタンディング(イス席のご用意あり)
料金 (税込み)※当日券は13:15よりホールエントランスにて販売開始予定
一般 前売券 2,000円 当日券2,500円
学生 前売券 1,000円 当日券1,500円
前売券発売所:高知県立美術館ミュージアムショップ/高新プレイガイド/高知大丸プレイガイド/
高知市文化プラザミュージアムショップ/
ローソンチケット0570-084-006(Lコード 61975) 
※ローソンチケットのみ県外店舗でも販売しています
※未就学児童のご入場はお控えください。 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)は3割引です。(ローソンチケットは割引対象外)
割引料金:一般 前売券1,400円・当日券1,750円/学生 前売券 700円・当日券1,050円
無料託児サービス (申し込み方法)高知県立美術館 (予約制)TEL:088-866-8000(9時~17時)
公演をご覧になられる方で、託児をご希望の方はお電話で仮予約のうえお申し込み下さい。
なおご利用は生後6ヶ月以上のお子様で未就学児童に限らせていただきます。 
締め切り   11月13日(金)(定員10名)
主  催:高知県立美術館
後  援:NHK高知放送局、高知新聞社、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、エフエム高知、KSSさんさんテレビ、KCB高知ケーブルテレビ、高知シティFM放送
支  援:平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
協  賛:トヨタ自動車株式会社
助  成:THE SAISON FOUNDATION
協  力:高知県トヨタ販売会社グループ
作品製作協力:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
制作協力:Dance in Deed!
お問い合せ:高知県立美術館 〒781-8123 高知市高須353-2
TEL 088-866-8000/FAX 088-866-8008

2015.11.3

高知県立美術館 22th 開館記念日

11月3日(日)は開館記念日!

11月3日は文化の日。そして高知県立美術館の開館記念日です。
おかげさまで今年で開館22周年を迎えます。
各展覧会のギャラリートーク、カフェ・コーナー、全国の展覧会ポスター等の無料配布、そしてホール公演のプレ・イベントとして行う川村美紀子のダンス・パフォーマンス等々、ちょっと特別なラインアップで皆さまをお待ちいたします。
当日は、どなたでも無料でご参加いただけるイベントもたくさんご用意しています。芸術の秋、美術館で一日お楽しみください。

川村美紀子 パフォーマンス

11月22日に美術館ホールで行う川村美紀子新作ダンス公演「まぼろしの夜明け」に先立ち、多彩な表現活動を展開する川村の本公演とは一味違う魅力を紹介。館長一押しのアーティストです!
会場: 1階 中庭(予定)
開演: 11:00、16:00 (上演時間30分程度)

2015.10.9 – 11

トヨタ コレオグラフィーアワード 2014 受賞者公演
川村美紀子 新作ダンス「まぼろしの夜明け」@シアタートラム

「まぼろしの夜明け」特設サイト
トヨタ コレオグラフィーアワード 2014 受賞者公演
川村美紀子 新作ダンス「まぼろしの夜明け」

2015年 10月 9日(金) 15:00
/19:30
10日(土) 15:00
/19:30
11日(日) 15:00

※開場は開演の30分前

会場:シアタートラム
http://setagaya-pt.jp/ TEL:03-5432-1526 [代表]
(〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1)
<アクセス>
東急田園都市線「三軒茶屋駅」
(渋谷より2駅・5分)直結
世田谷線「三軒茶屋駅」となり

●料 金:全席自由(入場整理番号付き)・税込
一般 前売 3,000円/当日 3,500円
学生 前売 2,500円/当日 3,000円
◎世田谷パブリックシアター友の会 2,700円
◎せたがやアーツカード 2,800円(前売のみ)
*せたがやアーツカード(世田谷区民対象・要事前登録)は、劇場チケットセンターまたはオンラインチケットのみでお求めいただけます。

※未就学児童のご入場はお控えください。
※開演後は、ご入場をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

●一般発売:2015年 8月10日(月)
●チケット取扱:
世田谷パブリックシアターチケットセンター
TEL:03-5432-1515 [10:00~19:00]

世田谷パブリックシアターオンラインチケット(要事前登録)
(PC)http://setagaya-pt.jp
(携帯)http://setagaya-pt.jp/m/

Confetti(カンフェティ)TEL:0120-240-540 [平日10:00〜18:00]
(PC・携帯/要事前登録)http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=30295&
 ※チケット1枚購入ごとに途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」を寄付しています。
 (リンク: http://www.confetti-web.com/tokuten/vac/about_vaccine.php)

ダンスインディード
TEL:090-4429-5747 [平日11:00〜18:00]

【お問合せ】
ダンスインディード TEL:090-4429-5747
FAX:03-3227-0279
E-mail:kawamuramikiko2015@gmail.com

 振付:川村美紀子
 出演:亀頭可奈恵 後藤海春 鈴木隆司 住 玲衣奈 永野沙紀
    川村美紀子

 照明:しもだめぐみ/音響:堤田祐史 (WHITELIGHT)
 衣装:村上美知瑠/舞台監督:河内 崇
 宣伝写真:水島貴大/フライヤーデザイン:川村美紀子
 フライヤー協力:千葉絵理/フライヤー挿絵:亀頭可奈恵
 広報:ダンス プレス トウキョウ/制作:Dance in Deed!

川村 美紀子(かわむら みきこ)

1990年生まれ、16歳からダンスを始める。日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。2011年より本格的に作品を発表、2012年初演の『へびの心臓』は、国内外で上演を重ねている。2014年『インナーマミー』初演、トヨタコレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」及び「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクション EX 2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像制作、弾き語りライブ、自作品の音楽制作、レース編みなど、表現活動を多彩に展開。2015年秋に初演する『まぼろしの夜明け』は、オーディションダンサーと共に、「身体との戦い」に挑む。2015-16年度(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

【主な作品】『むく』(2010)、『がんばったんだね、お前の中では』(2011)、
      『へびの心臓』(2012)、『インナーマミー』(2014) など。

主  催:川村美紀子
提  携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
協  賛:トヨタ自動車株式会社
後  援:世田谷区
助  成:公益財団法人セゾン文化財団
作品製作協力:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]

2015.9.5 – 6

トヨタ コレオグラフィーアワード 2014 受賞者公演
川村美紀子 新作ダンス「まぼろしの夜明け」
金沢21世紀美術館 レジデンシー&成果発表

「まぼろしの夜明け」特設サイト

トヨタ コレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」受賞者公演で上演する作品創作のための滞在制作サポートプログラム(稽古場、宿泊施設などを提供)。
振付家、ダンサー、スタッフが金沢に滞在し、金沢21世紀美術館シアター21にてクリエイション(創作)を行い、東京・シアタートラムでの受賞者公演に向けて、プレビュー公演とトークを行う。

2015年 8月24日(月) 〜9月6日(日)
・新作「まぼろしの夜明け」のクリエイション
・プレビュー公演&トーク
 レジデンシープログラムの成果として、新作のプレビュー公演とトークを開催。
・関連プログラム
 期間中、子どものためのワークショップを計画中

●TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2014 受賞者 金沢21世紀美術館レジデンシープログラム プレビュー公演&トーク
川村美紀子「まぼろしの夜明け」

●日  時:2015年 9月5日(土) 17:30開場/18:00開演
          9月6日(日) 14:30開場/15:00開演

●会  場:金沢21世紀美術館シアター21
http://www.kanazawa21.jp/
TEL:076-220-2800(〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1)
<アクセス> JR金沢駅バスターミナル東口3番・6番乗場よりバスにて約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ。東口8-10番乗り場よりバスにて約10分「香林坊(アトリオ前)」下車、徒歩約5分。

●料  金:全席自由・税込
      一  般  1,500円
      大学生以下 1,000円(学生証提示)
      ※3歳児以下の入場はご遠慮願います。託児サービスをご利用ください。
●一般発売:2015年7月10日(金)

●チケット取扱:
      金沢21世紀美術館ミュージアムショップ
      ※窓口販売のみ(火〜日:10:00-18:30、金・土:10:00-20:30)
TEL:076-236-6072
      ローソンチケット(Lコード:56544) TEL:0570-084-005
【お問合せ】金沢21世紀美術館 交流課 TEL: 076-220-2811

主  催:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]
     川村美紀子
     TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 実行委員会
     トヨタ自動車株式会社
提  携:金沢湯涌創作の森
助  成:平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業(プレビュー公演&トーク)
     公益財団法人セゾン文化財団
作品製作協力:世田谷パブリックシアター
協  力:石川県トヨタ販売会社グループ
後  援:北國新聞社 北陸放送 テレビ金沢 エフエム石川(プレビュー公演&トーク)

2015.9.20

多摩1キロフェス
logo

国内外で活躍中のアーティストが、
パルテノン多摩のシンボル“80段の大階段”下で演劇・音楽・ダンスを上演!!
19日「音楽の日」は、“音楽×料理”番組で人気のDJみそしるとMCごはん、“パフォーミングアーツ×音楽”はcontact Gonzo×環ROYが初コラボレーション。
20日「パフォーミングアーツの日」は、ストリートダンスの手法によりコンポラリーダンスの世界に新風を起こした東京ELECTROCK STAIRS。
国境・ジャンルを超えて活躍するアーティストが、多摩1キロフェスならではのパフォーマンスを発表!!

19日『音楽の日』
出演アーティスト

DJみそしるとMCごはん/おおはた雄一/栗コーダーカルテット
contact Gonzo×環ROY/麦ふみクーツェ楽団(指揮:トクマルシューゴ)


20日『パフォーミングアーツの日』
出演アーティスト

東京ELECTROCK STAIRS/川村美紀子/劇団子供鉅人

公演日時
9月19日(土)音楽の日
9月20日(日)パフォーミングアーツの日
※大階段にて観覧いただきます。前方にはベンチシートがございます。
公演場所
パルテノン多摩 大階段ステージ
料金
無料

2015.8.21

ダンスがみたい!17「春の祭典」

お題、春の祭典。
「ダンスがみたい!17」では,近代音楽の金字塔,ストラヴィンスキー「春の祭典」に,ダンスシーンの気鋭尖鋭達が真っ向から挑戦します.各上演一回ずつ.可能性は未知数.この難題中の難題にダンサーたちはどう立ち向かうのか,どのような化学反応が起きるのか,d- 倉庫に観に来てください.

7月28日|火| 黒須育海
7月29日|水| マドモアゼル・シネマ
7月31日|金| 鈴木ユキオ
8月01日|土| 上杉満代
8月02日|日| 岩淵多喜子
8月20日|木| 工藤丈輝
8月21日|金| 川村美紀子
8月22日|土| 柴田恵美
8月23日|日| ケイタケイ’s ムービングアース・オリエントスフィア
8月25日|火| 笠井瑞丈×上村なおか
8月26日|水| 松本大樹
8月28日|金| デュ社
8月29日|土| 杉田亜紀
8月30日|日| 山田せつ子

会場
d-倉庫
荒川区東日暮里6-19-7 日暮里駅南口より徒歩7分
> Access

料金
前 売2500円 ― 学生2200円  
当 日2800円 ― 学生2500円     
三回券6,000円(学生5,000円)
通し券13,000円(学生11,000円)
★学生は要学生証
★通し券はd-倉庫のみで販売

予約・問合せ
川村美紀子 制作 > kawamuramikikostaff@gmail.com
d-倉庫 > azabubu26@ybb.ne.jp
03(5811)5399 (月曜定休18:00~23:00)

チケット取扱い
下記アドレスから予約後(要登録・無料)、セブンイレブンですぐ発券。
> カンフェティチケットサービス

「ダンスがみたい!17」d-倉庫公式ウェブサイト
http://www.geocities.jp/azabubu/d17/

2015.6.5

四谷アート侍

2015年、6月、須賀神社の大祭にあわせ、[四谷アート侍]を開催します。 地域のこれまでの歴史、文化を伝える側面と実験 的アートで地域を切り開く、刀を表現に持ち替えた[アート侍]が集合します。
パフォーマンス ,音楽、舞踊、演劇、ジャンルを問わずのアートバトル。 一つの組は持ち時間20分、前後5分間は次の組との即興バトル。
八卦用意、どんな化学変化がうまれるか見物です。
終演後はラウンジになります。

Art Space Co-oh will be hosting “Yotsuya Art Samurai” in June, coinciding with the tradition of celebrating Suka Shrine’s omatsuri. “Art Samurai” brings together local history, culture and experimental art in a multi-genre art battle of music, dancing, drama and other performances. Each group will perform for 20 minutes, overlapping for 5 minutes with the next performance for an improvised battle. We hope you’ll enjoy the unscripted performances resulting from these clashes between artists.

After the performances we’ll remain open as a lounge, serving wine, beer and other drinks.

Ticket:
前売り、Adv,3000円(1ドリンク付き/Inc,1 drink)
当日、Door,3500円(1ドリンク付き/Inc,1 drink)

6/5(金) 19:30 Open 20:00 Start
6/6(土) 13:30 Open 14:00 Start
    19:30 Open 20:00 Start

開場は開演30分前

6/5(金) 20:00-
日下部泰生(Painter)+原口香英(Drum)+高橋直康(Bassist)
HIKO(Drumer/GAUZE) +川村美紀子(Dancer)
ヒノキヲタクロウ(Painter)
おちょこ(Voice performer)
ふぅちくぅち(Biwa musician/Anbient Noise player)

チケットご予約:Reservation coohtokyo@gmail.com

会場:
Art Space呼応co-oh
東京都新宿区四谷3-6結城ビル地下一階

照明/音響 新村貴樹
ハチロクルウ
企画 /制作 Art Space 呼応

2015.5.29

自家発電ナイト2015

5月29日(金)
自家発電ナイト2015

入場料:3000円+1drink order
18:30 開場 19:00 開演

18:30 DOOR OPEN
19:00 START

1900-1915 菅尾なぎさ
1920-1935 アオケン
休憩
1950-2005 長井江里奈
2010-2025 宇治野宗輝
休憩
2040-2055 川村美紀子
2100-2115 ケンジルビエン(BABYQ)
休憩
2130-2145 アンダーウエアー
2150-2210 珍しいキノコ舞踊団
2215-2230 国広和毅

出演:
メガネ(発電ポールダンサー)
菅尾なぎさ(クリウィムバアニー)
青山健一 (画家、渋さ知らズ)
長井江里奈
宇治野宗輝
川村美紀子
ケンジルビエン(BABYQ)
アンダーウエアー
珍しいキノコ舞踊団
明和電機
大トリ??(未定)

http://www.traumaris.jp/

2015.5.9

~有象無象~

5/9 鴬谷WHAT’S UP
~有象無象~
open19:00/start19:30
\1,500(1杯付)

はりや & PILL & 鈴木放屁TRIO
HIKO & 川村美紀子DUO
JAJOUKA

http://uguisudani.xxxxxxxx.jp/index.pc.html

2015.5.1

黄金町サウンドサーカス「唄のアルバム」
~直江実樹のロックンロール短波レディオ vol.36〜

黄金町サウンドサーカス「唄のアルバム」
~直江実樹のロックンロール短波レディオ vol.36〜
http://l.facebook.com/l/hAQGjsCXGAQHNkrf9mE4mXNKvRDGmBacd-4gA3bN12Gz6Bg/shicho.org/

5/1(金)
@黄金町試聴室その2

19:00 開場
19:30 開演
1000yen+1Drink Order(500yen)

出演:
鶯色(すずきみきこ+山田民族)
おちょこ
川村美紀子
マルシアガルケス(秋房和伸+ふくいかなこ)

MC:直江実樹、小池実

昨年に続いて、5月は歌もの企画。
デュオ二組、ソロ二組
今年正月に試聴室で見て以来、ずっと「つぶやき時代」が頭を回ってる毒入り切れ者ゆるふわアコースティックデュオの山田民族さんとすずきみきこさんの「鶯色」
喫茶ユニット秋福音の秋房さんとふくいさんの秋福音にも通じるパラレルサウンドワールドの文学?カラフルポップデュオ、「ガルシアマルケス」から「マルシアガルケス」に改名
バンド、ボイスインプロ、弾き語りといろいろな形式でパフォーマンスを繰り広げる、おちょこさん。弾き語りソロでのこの企画は3回目の出演となります、声の力、言葉の希求性にいつもグッと来ます。
さらに、新進気鋭のダンサーとして、世界を股に大活躍の川村美紀子さんが、密かに弾き語りCDを出し続けている可愛いドロドロ系?なエンターテインメントを繰り出します!

ゾクッと感動あり、クスっとあり、体感しながら楽しんでいただければです。

*********************
19:00 オープン
19:30 開演
川村美紀子
19:55
20:00
おちょこ
20:25
20:35
ガルシアマルケス
21:00
21:10
鶯色
21:40
22:00撤収予定

2015.4.25-26

六本木アートナイト
top_killer01_pc

「六本木アートナイト」は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴です。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験をつくり出します。そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街づくりの先駆的なモデルを創出します。東京を代表するアートの祭典として、さらなる発展を続けます。

《川村美紀子/サイレントナイト》
http://www.roppongiartnight.com/2015/programs/157/

[日時] 4/25 深夜2:30 ~ 3:00
[場所] 東京ミッドタウン アトリウム
[参加料] 無料
[出演] 振付・演出:川村美紀子
出演:亀頭可奈恵、後藤海春、鈴木隆司、住玲衣奈、永野沙紀、川村美紀子

川村美紀子とダンサーによる、実験的なサイレント・プログラム。スマートフォンからのストリーミングによる音源配信にアクセすると、マルチタスキングな臨場感あふれるパフォーマンスに触れることができます。

六本木アートナイト2015

日時
2015(平成27)年4月25日(土)10:00~4月26日(日)18:00
<コアタイム> 4月25日(土)18:22【日没】 ~ 4月26日(日)4:56【日の出】
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。

開催場所
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料

無料 (但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、六本木アートナイト実行委員会 【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
一般問い合わせ先

03-5777-8600(ハローダイヤル)
営業時間 年中無休 8:00~22:00

2015.4.25

Kazehito presents “MESSED-UP WEB” #1

Kazehito presents “MESSED-UP WEB” #1
4.25[SAT] @高円寺Studio DOM

ノイズ・実験・鋭さ・ボイスをキーワードに多種多様なアーティスト計22組のプチサーキット!!!
13:30-23:00頃まで2部屋同時進行!!!!
混沌と酩酊の重大事故!!!!!
豪華出演陣に加えフード / バーも充実の内容!!!!!!
音に塗れて呑み散らかして、昇天の先にある答えを握り潰せ!!!!!!!

Charge: 1,000- yen
Open / Start: 13:00 / 13:30
Acts:
風人[ソロ他3組 + ボイスWS]
エンゼルメイク[HIKO x 組原正) x 風人
ASTRO
恥骨
cunts
濁朗 x ???
FACIALMESS x scum
FALLOPIAN DISCO FORCE
GINE [Qu / 神戸] x 風人
HAIGAN [2部屋同時!!!]
hanji x 現実
原田仁 [Hearts&Minds] x *BO)))B-O
HIKO x DeAthAnovA
KAZEX & CPTAIN SNARE LYNCH
黒電話666 × ヒグチケイコ
L’eclipse Nue
マニアオルガン
西乃カオティック
尾身美苗 x 川村美紀子
PUNSHUH
SPACEGRINDER [死國松山] x ???
VWVW
Food:SPICE ADDICTS
Drink:Bar Mitsuko [HOMMヨ]
Notice:
– 2Fや建物の外にはたまらないようお願いいたします。
Sound Studio DOMの下の階では別のテナントが営業中です。
– 会場外でのゴミのポイ捨てはお止めください。
– スタジオの機材 / 備品の破壊はお止めください。
発覚した場合は実費を請求いたします。
Kazehito Seki
kazexhitox@gmail.com

2015.3.27

traumaris space
鉄秀「肉躍る画」
http://traumaris.jp

会期:2015年3月25日(水)~4月26日(日)
オープニングパーティ 20:30-23:00
*19:30よりダンサー川村美紀子とのパフォーマンスがあります(有料)

鉄秀×躍る3DAYS

3月26日(木)
ライブパフォーマンス 19:30-
ゲスト 辻コースケ(パーカッション)

3月27日(金)
ライヴパフォーマンス 19:30-20:30
ゲスト 川村美紀子(ダンサー・振付家)
オープニングパーティ 20:30-23:00

4月25日(土)
ライヴパフォーマンス 19:00-20:00
ゲスト 向雲太郎(舞踏家・振付家)
クロージングパーティ 20:00-23:00

昨年、目撃したこの舞台が始まりでした。
それは肉体を使ったライヴペインティング、舞踏、音楽の凄まじい現場でした。
「遊機体 ふるくて そして あたらしい」PV
 2014年5月30日〜6月1日 森下スタジオ

TRAUMARIS|SPACEでは、その画家・鉄秀の個展を開催します。
絵筆を使わず、手を絵の具を浸し、身体全体で描く姿がまるで舞踏のように見えると評されることから「舞猫」(bubyou)と名付けたオリジナルパフォーマンスを、2004年から関西を中心に試みてきました。

 この10年ほど、時代の空気感をひときわ色濃く反映するアートの表現は《舞台》にあると感じている。
絵画や彫刻、映像、インスタレーションといったさまざまな手法の枠組みを跳び超え、生きた肉体が歌い踊り演じるパフォーミングアーツの現場でこそ、自由に呼吸し、謳歌する芸術があり、それらは観る者の身体をも駆けぬけていく。(中略)
「遊機体」は2009年、麿赤児率いる大駱駝艦に所属する(当時)舞踏家・向雲太郎、画家・鉄秀、音楽家・築山健一郎によって結成、初演された舞台である。
石器時代の地球の裏側からどろどろのマグマにまみれて這い上ってきたような野性の男の集団が、ラスコーの洞窟で行われていたといわれる、踊りと絵と音楽による儀式をおごそかに執り行うのである。
「エヲカケ」「ヒケ」「ヲドレ」という内なる声が叫ぶ、太古の自然欲求に呼応して、画家は発光する絵具だらけの体を壁に叩きつけ、ベースとジャンベが原始のノイズとリズムを再現し、踊り手は逆さ吊りで「奇妙な果実」と化した肉体を捩る。
 鉄秀という絵描きを初めて知った。今まで観てきたものをライヴペインティングと呼んでいたことが恥ずかしくなるような「生モノの」絵がこの世に生まれでる瞬間を見た。最初はためらいがちに、やがて暴力的に噴出するイメージの血肉をこっちまで浴びたくなる。
ひさびさの容赦のない芸術体験で、体に跳び込んできた血湧き肉躍る感覚を、翌日以降、いまもまだ味わっている。
(住吉智恵 VOGUE web cultureコラムより)
http://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2014-06-30/page/3

鉄秀は、同じ2004年より「人拓点描画」の制作をはじめます。
手や身体に墨を塗り、和紙に拓し、さらに墨の点描を加える独特の技法で、人体という自然の美と、人為の点描の溶けあう妙を表現。艶やかな色の人択に「肉躍る細密」を施した作品が現れます。

「人間がつくりだした様々な現代は、自然からみれば異物としかならないのかと描き、問いかけ、自然美にまで高めようと探求してきました。
今回の展示は、これまでの点描作品と、新たな試みとして点描の様々をスキャンし、組み合わせ、増幅させ、デジタルで再構成した出力作品を制作しようかと考えています。」(鉄秀)

そして本展の目玉は「鉄秀 × 躍る3DAYS」。
いまもっとも血湧き肉躍る、3人のアーティストを迎え、初日2DAYS、ラスト1DAYS、鉄秀のライヴペインティングと共にそれぞれの儀式を執り行います。

ぜひともご高覧いただき、各種媒体、ブログ、Facebook、Twitterなどで広報周知にご協力をお願い申し上げます。

アートプロデューサー・ライター
TRAUMARIS主宰
住吉智恵

●会場:

TRAUMARIS|SPACE
〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 3F
TEL 03-6408-5522 月・火 定休日
水〜土 13:00-24:00 日曜14:00-22:00
URL:http://www.traumaris.jp 
問合せ:info@traumaris.jp

2015.3.17

In the Mists

In the Mists

3月17日(火)
20:00start ¥1,200

ピアノ:加藤チャーリー千晴
歌・ダンス:川村美紀子

@八丁堀・七針
http://ftftftf.com

2015.3.7〜8

Piano Pieces

日時:2015年3月
 7日(土)マチネ15:30開演 ソワレ18:30開演
 8日(日)マチネ14:30開演 ソワレ17:30開演
 ※開場はともに開演の30分前・計4回公演

ピアノの生演奏による有名ピアノ曲に踊ります。
川村美紀子の伝説の『英雄ポロネーズ』復活、
小暮香帆の『ゴルトベルク変奏曲』再演、
山本芙沙子『月の光』は圧巻です。
在学生の挑戦は心洗われます。

会場:両国 black A
http://www.blacka.net
チケット:1000円+1drink 500円
ご予約・お問い合わせ:
pianopieces2015@gmail.com
090-6712-0180 (ダンス・プロデュース研究部 制作:平舘)
@両国Black A

*ピアニスト:小林このみ

*クロード・ドビュッシー『アラベスク』第1番ホ長調
振付・ダンサー:菅原悠里子、金井まり子

*ジュゼッペ・ドメニコ・スカルラッティ「ピアノソナタ ト短調K 450」
振付・ダンサー:池上 楓子 丸橋 優花

*フェリックス・メンデルスゾーン『無言歌』Op.53-3
振付・ダンサー:田澤瑞季、青沼沙季

*フランツ・リスト「パガニーニによる大練習曲第3番嬰ト短調S.141」『ラ・カンパネルラ』
振付・ダンサー:菊池紅音、窪田百花、佐藤加奈子、佐藤萌

*ピアソラ 編曲 黒田亜樹『リベルタンゴ』
振付・ダンサー:松尾菜摘

*ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「ピアノソナタ第17番ニ短調Op.31-2」『テンペスト』第3楽章
振付・ダンサー:呼野美咲、手計苑佳

*ヨハン・セバスチャン・バッハ『ゴルトベルク変奏曲』ト長調BWV988 第4~9番
振付・ダンサー:小暮香帆

*フレデリック・ショパン「ポロネーズ第6番変イ長調 Op.53」『英雄ポロネーズ』
振付・ダンサー:川村美紀子

*クロード・ドビュッシー『ベルガマスク組曲』第3番変ニ長調『月の光』
振付・ダンサー:山本芙沙子

*「カーテンコール」ヨハン・シュトラウスⅠ『ラデツキー行進曲』Op.228
出演者全員

舞台監督:小澤萌奈
照明:宇野敦子
制作:平舘憂菜 加瀬菜々子 高橋郁 榊原茉歩 嶋崎梨南
宣伝美術:伊東祐輔(おしゃれ紳士)
主催:ダンス・プロデュース研究部
協力:blackA 浜田和枝

2015.2.28(土)

2月28日(土)
開場17:30 開演18:00

川村美紀子
星山可織
ムスキ・アルバボ・リー
ポスポス大谷
鳩山浩二

1500円+ドリンク(500円)
@高円寺 U-ha
http://coffeeuha.web.fc2.com/access.html
〒166-0003 杉並区高円寺南4-4-12 エムズビル101
TEL&FAX 03-3317-7732

2015.2.7(土)・8 日(日)

横浜ダンスコレクション EX2015 コンペティションⅠ

http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/

コンペティションⅠ

[日程] ※上演順未定
2月7日(土) 16:00
篠原憲作、梶本はるか、小暮香帆、Rie Tashiro、ヤン・ハオ / アリス・レンシー(中国)

2月8日(日) 16:00 *表彰式あり
ラゼル・アン・アグダ・ミッチャオ(フィリピン)、イ・セスン(韓国)、川村美紀子、遠江愛、黒須育海/香取直登

開場は開演の30分前
全席自由

[会場]
横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール

[チケット]
一般前売:¥3,300
学生前売:¥2,300
当日は¥500増し

2015.1.24(土)

仙台大学 DANDANDANCE&Sports 11TH

DANDANDANCE&Sports 11TH

日時
2015年 1月 24日 (土曜日)
12:30開場 13:00開演

場所
仙台・大河原「えずこホール」 大ホール (地図)

入場無料
主催:DAN DAN DANCE実行委員会
tel:0224-55-1127

2015.1.9(土)〜10(日)

ニューヨーク・ジャパンソサエティー
16th Contemporary Dance Showcase:
Japan + East Asia

16th Contemporary Dance Showcase:
Japan + East Asia

Friday, January 9, 7:30 PM
Saturday, January 10, 7:30 PM

This bi-annual favorite, hailed by the The New York Times as “a hot ticket,” returns with a standout line-up of groundbreaking artists from the other side of the globe. This year’s showcase includes from Japan: Nobuyuki Hanabusa’s group enra performing Newton, an out-of-this-world amalgamation of motion graphics and choreography; Mikiko Kawamura’s street style solo Alphard set to a bold soundscape with J-pop and classical music; and Kaori Seki’s quartet Marmont, in which bodies morph into nebulous creature-like positions. From Taiwan: I-Fen Tung’s fresh duo How to Say grapples with communication through words and dance and Shang-Chi Sun’s Traverse, in which graceful martial arts-like movements oscillate between combat speed and tranquility.

Tickets: $28/$25 Japan Society members
(BUY TICKETS)

Friday, Jan. 9 peformance is is followed by a MetLife Meet-the-Artists Reception.
APAP Presenters please call (212) 715-1220 for industry reservations. Tickets are limited and not guaranteed until confirmed.

This program is supported by the Agency for Cultural Affairs Japan, Arts Council Tokyo, the Ministry of Culture, R.O.C.(Taiwan), and the Taipei Cultural Center of TECO in New York.