SCHEDULE-DANCE



8月29日(日)9:00~16:00
二階堂高校 ダンスワークショップ「ふれる」

NIKAIDO DANCE WORKSHOP

     開催日|2021/08/29(日)
     時間 |09:00~16:00
     会場 |二階堂高校(〒156-0043 東京都世田谷区松原2-17-22)
     対象 |中学生(未経験者は事前にご相談ください)
     定員 |60名
     受講料|無料
     概要 |ダンサーや振付家が講師をつとめる実技中心の多彩な講座
        「ふれる」をテーマに、3つのジャンルを体験できます。

     人に「ふれる」(コンタクト・インプロヴィゼーション)
     物に「ふれる」(タップダンス)
     心に「ふれる」(コンテンポラリーダンス)

     タイムスケジュール
     9:00〜 9:20 受付
     9:30〜11:00 ワークショップ①
     11:10〜12:40 ワークショップ②
     12:40〜13:30 昼食/個別相談(希望者)
     13:40〜15:10 ワークショップ③
     15:20〜16:00 個別相談(希望者)

お問い合せ
本校入試広報部 TEL 03-3322-9159(直通)
お申込みはこちらから→https://mirai-compass.net/usr/nikaidoh/event/evtIndex.jsf

※感染予防のため、同伴される保護者の方は1家庭1名までとさせていただきます。
※状況により、内容の変更または中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

• • •

講師紹介

人に「ふれる」
人の肌や身体の動きなど、 お互いに接触することで生まれるダンスのワークショップ

永野沙紀
(コンタクト・インプロヴィゼーション)
1989年生まれ。二階堂高校を経て、2012年日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。4歳より踊り始める。これまでの出演作では川村美紀子の「インナーマミー」で〈横浜ダンスコレクションEX2015〉にて若手振付家のための在日フランス大使館賞、審査員賞受賞。<トヨタ コレオグラフィーアワード2014>にて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞を受賞。その他に岩淵多喜子、遠田誠、今田康二郎、能美健志、上野天志などの作品に出演し、国内外のツアーに参加。他CM、MV出演や振付アシスタント、時折アートモデル。

物に「ふれる」
地面や空間に響く音など、 外のモノに触れることで生まれるダンスのワークショップ

米澤一平
(タップダンス)
タップダンサー。1989年東京生まれ。世界的タップダンサー熊谷和徳に師事。06年青山円形劇場熊谷和徳単独公演5days「TAPPERS RIOT」出演を機に以来15年間熊谷の活動に参加。東京を中心に日本各地、フランス、台湾、インドネシアなど国内外で活動。タップダンスの持つプリミティブでミニマムな打楽器的音楽の性質や、高い親和性から異業種とのコミュニケーションの可能性を感じ、タップダンスによる現代アートとして他分野とのセッションを中心に活動。音楽、ダンス、美術、演劇、映像、メディアアート、空間、照明等これまでに300以上のコラボレーションによる共同制作の発表や即興セッションを行い国内外で活躍する。

心に「ふれる」
自身の内面や感情など、目に見えないものに触れることで生まれるダンスのワークショップ

©Etsuko Suzuki

川村美紀子
(コンテンポラリーダンス)
1990年生まれ。日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。16歳からダンスを始め、2011年より国内外で作品上演を重ねている。「どこからかの惑星から落下してきたようなダンス界のアンファン・テリブル」(Dance New Air 2014/石井達朗氏)とも紹介されるその活動は、劇場にとどまらず屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽制作、アクセサリー製作など多彩に展開。2013-16年度)(公財)セゾン文化財団ジュニア・フェロー。2014年初演『インナーマミー』で、トヨタ コレオグラフィーアワード 2014「次代を担う振付家賞」及び「オーディエンス賞」、横浜ダンスコレクションEX2015「審査員賞」及び「若手振付家のための在日フランス大使館賞」受賞後、渡仏。フランス国立ダンスセンター・CCN/Rを拠点にパリ、リヨン、グルノーブル、マルセイユ、ル・アーブルにて半年間のレジデンスを行い「地獄に咲く花 (LA FLEUR ÉCLÔT EN ENFER)」を発表。 http://kawamuramikiko.com

6月5日(土)21:00 – 23:00
「ゆるゆるラジオ(仮) ONLINE vol.6」

◾️企画
2021.06.05.sat
川村美紀子×米澤一平
ラジオ放送
「ゆるゆるラジオ(仮) ONLINE vol.6」

時間:21:00-23:00
無料視聴:
YouTube Live:https://youtu.be/b2cD5rDrujo

5/22(土)19:30 〜 8/15(日)
TOKYO REAL UNDERGROUND|飯名尚人+川口隆夫+川村美紀子+松岡大 『三』

2021年5月22日(土) 19:30配信開始
飯名尚人+川口隆夫+川村美紀子+松岡大 『三』

構成: 飯名尚人 / 出演: 川口隆夫、川村美紀子、松岡大
土方巽、大野一雄、大野慶人――この3人の運命的な出会いが舞踏の着火点となりました。川村美紀子が土方巽の『疱瘡譚』、川口隆夫が大野一雄の『ラ・アルヘンチーナ頌』、松岡大が大野慶人の『土方三章』を厳密に再現。3Dホログラムディスプレイと3台のモニター、そして「舞踏出来事ロジー」のイラスト約50点を展示した旧博物館動物園駅の駅舎内で、オムニバス形式でパフォーマンスします。踊りのアーカイヴの可能性を多面的に探る複合的なプログラムです。

Artist


飯名尚人|Iina Naoto

映像作家・演出家・ドラマトゥルク・映像セノグラファー・プロデューサー。Dance and Media Japan主宰、国際ダンス映画祭主宰。東京造形大学准教授、座・高円寺劇場創造アカデミー講師 。映像・身体・言葉を用いてジャンル横断的作品を手掛ける。オンライン舞踏番組「Re-Butoooh(リ・ブトー)」(NPO法人ダンスアーカイヴ構想)では、演出・構成・撮影・編集を担当している。


川口隆夫|Kawaguchi Takao
1996年よりパフォーマンスグループ「ダムタイプ」に参加。2000年よりソロ活動を開始し、演劇・ダンス・映像・美術をまたいでパフォーマンスの幅広い可能性を追求する。08年より私的パフォーマンスシリーズ『a perfect life』を展開し、13年に第5回恵比寿映像祭に参加。近年は舞踏に関するパフォーマンス作品『ザ・シック・ダンサー』(田辺知美と共に、12年)、『大野一雄について』(13年)を発表。後者はニューヨーク・ベッシー賞にノミネートされ、18年にはパリ市立劇場でも上演された。


©Etsuko Suzuki
川村美紀子|Kawamura Mikiko
1990年生まれ。16歳よりダンスを始め、2011年より本格的に作品を発表。新人賞を総なめにし、日本ダンス界の新鋭として話題を呼ぶ。国内外で発表を重ね、16年にはフランス国立ダンスセンターおよびCCN/Rを拠点に、パリ、リヨン、グルノーブル、マルセイユ、ル・アーブルにて半年間の滞在制作を行う。劇場にとどまらず、屋外やライブイベントでのパフォーマンス、映像・音楽制作、アクセサリー製作など、活動を多彩に展開。2019年より南房総へ移住。


Photo by 宮川舞子
松岡大|Matsuoka Dai
2005年より山海塾に舞踏手として参加。『金柑少年』『とばり』『卵熱』『ARC』などの主要作品に出演中。11年より、街を歩きながらミュージシャンとダンサーによるパフォーマンスを鑑賞する「LAND FES」を主催。18年より小田原市にて、障がいのある人ない人共にダンスを創る「スクランブル・ダンスプロジェクト」で講師を務める。様々な舞踏家によるオンラインレッスンプラットフォーム「BUTOH CHOREO LAB」主宰。

配信日時:5/22(土)19:30 〜 8/15(日)

TRUオンライン|TRUに参加してオンライン公演を楽しむ
参加登録[無料]

ご登録いただくと、視聴URLがメールで届きます。
メールアドレスの登録のみで、全てのオンラインプログラムを無料でご覧いただけます。

• • •

Credit
演出・構成 飯名尚人
展示デザイン・設営 株式会社鈴木事務所
撮影編集 NPO法人LAND FES
出演協力 久世龍五郎

「タンゴ 鳥(「大野一雄について」より)」
振付演出 土方 巽、 大野一雄
出演 川口隆夫
ドラマトゥルク 飯名尚人
照明・マネージメント 溝端俊夫
衣装 北村教子
協力 大野一雄舞踏研究所

「疱瘡譚」
振付 土方 巽
出演 川村美紀子
衣装 北村教子
協力 慶應義塾大学アート・センター

「土方三章」
振付 土方 巽
監修 大野慶人
出演 松岡 大
協力 大野一雄舞踏研究所

舞台技術スタッフ
河内 崇(舞台監督) 呂師(砂組)(舞台監督)
森 規幸(balance,inc.DESIGN)(照明) 國府田典明(音響)

展示スタッフ
飯名尚人(展示構成・撮影・編集) 吉田尚弘(撮影・編集)
河村衣里(撮影・編集) 石原 葉(舞踏天井画)
株式会社鈴木事務所(展示設営 デザイン)
公益財団法人セゾン文化財団 森下スタジオ(撮影会場)

スチール撮影 中川達彦、 和田翼

協力
大野一雄舞踏研究所 慶應義塾大学アート・センター
公益財団法人セゾン文化財団 Dance and Media Japan

2021年5月22日(土) 作品配信後〜翌18:00
BUTOHスナック 第3夜|飯名尚人+川口隆夫+川村美紀子+松岡大 『三』について

作品の公開初日に、アーティストトークを生配信。パフォーマンス作品を見た後に、コンセプトや創作プロセス、舞踏との関係について聞いていきます。「かずこナイト」の回は、アーティスティック・ディレクターの川口隆夫がスナック店主に扮して、出演アーティストと対談します。
※一般公開収録ではないため、現地ではご覧いただけません。
上野・池之端の配信拠点「BUTOHスナック」から、トークやパフォーマンスを生配信します。

配信日時:2021年5月22日(土) 作品配信後〜翌18:00

TRUオンライン|TRUに参加してオンライン公演を楽しむ
参加登録[無料]

ご登録いただくと、視聴URLがメールで届きます。
メールアドレスの登録のみで、全てのオンラインプログラムを無料でご覧いただけます。

アーティストトーク「BUTOHスナック」
上野・池之端のスナック店舗跡に配信拠点「BUTOHスナック」を開設。パフォーマンス作品の初回公開に合わせて、アーティストトークをライブストリーミングします。
また、4月1日より公開中の展示を取り上げる「TRUエキシビション編」、英語/中国語でお届けする「世界編」も配信。バラエティに富んだ演出と複数の切り口で、オンラインフェスティバルの可能性を探ります。 収録配信は、ダンサーとミュージシャンによるライブセッションを体験するウォーキング形式のパフォーマンスイベント「LAND FES」を手掛けてきたNPO法人LAND FESが行います。
協力:アーツアンドスナック運動 実行委員会、きもの池之端藤井、東京文化資源会議

http://www.tokyorealunderground.net/program/0522talk.html

• • •

#レッドシューズ踊ってみた
川村美紀子 Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2021
#レッドシューズ踊ってみた  川村美紀子
Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2021

▼ クリックで動画再生

出演:川村美紀子
川村美紀子 web:http://kawamuramikiko.com/​
横浜ダンスパラダイス https://paradise.dance-yokohama.jp/​

レッド・シューズとは
Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018の開催を機に創作したオリジナルダンスです。
童謡「赤い靴」をベースにエチオピアンジャズ風にアレンジした楽曲に、
コンドルズを主宰する近藤良平が横浜を意識して振付した、誰でもすぐに踊ることが
できるダンスです。ジャンルを問わず、より多くの方々に「レッド・シューズ」を踊って
いただくため、近藤良平から直接指導を受けた3組のダンスマスターをはじめ、
日本舞踊やコンテンポラリーダンス、よさこいなど様々なジャンルで活躍するダンサー
の皆さんに自分たちのダンスの特色を出した「レッド・シューズ」を踊ってもらいました。
市内各地で開催する横浜ダンスパラダイスのステージでも、
ダンスマスターによるレクチャー&一緒に踊る企画を展開します。横浜ダンスパラダイスの
最終日には、出演者や観覧者を巻き込み、一斉に「レッド・シューズ」を踊るフィナーレ
スペシャルプログラムを開催します。ぜひ動画を参考に、あなたならではの振付で
「レッド・シューズ」を踊りに来てください。


Photo:©Etsuko Suzuki

• • •

【予告映像】
Together Red Shoes 2021
▼ クリックで動画再生

横浜ダンスパラダイス
https://paradise.dance-yokohama.jp/​
横浜市内全域で開催する3年に一度のダンスの祭典Dance Dance Dance @ YOKOHAMA
2021の市民参加事業 「横浜ダンスパラダイス」で、コンドルズ主宰・近藤良平振付
によるオリジナルダンス「レッド・シューズ」を展開!
横浜ダンスパラダイス最終日となる2021.10.16(sat)は
グランモール公園 美術の広場に集まって、みんなでDANCE!

• • •

EPAD|JAPAN DIGITAL THEATRE ARCHIVES(JDTA)映像寄贈

EPAD|JAPAN DIGITAL THEATRE ARCHIVES(JDTA)作品映像を寄贈しました
川村美紀子『インナーマミー』(2015 初演:横浜赤レンガ倉庫1号館)
川村美紀子『地獄に咲く花』 (2017 初演:横浜赤レンガ倉庫1号館)
事前予約により、早稲田大学演劇博物館でご視聴いただけます(準備中)

https://enpaku-jdta.jp

2021.03.20(土)22:00 – 24:00
川村美紀子 × 米澤一平『ゆるゆるラジオ(仮)#5』

川村美紀子×米澤一平 ラジオ放送
『ゆるゆるラジオ(仮)#5』

2021.03.20 (Sat.)
ONAIR 22:00 – 24:00
@clubhouse app (生配信)
https://www.joinclubhouse.com/event/xLyVO64d

• • •